3月20日午後1時より江戸川区宇喜田町から羽田空港まで着ぐるみの緊急配送を行いました。

日頃お世話になっている運送会社様からのご依頼でした。
イベントで使われた着ぐるみの配送を羽田空港持ち込みで伊丹空港への手配でした。
梱包状態があまりにもずさんでしたので訳を話して梱包し直して頂きました。恐らく空港で拒否されると思いましたので。
今日は首都高が大分混んでいました。17時フライトの航空便に乗せました。
航空便は出発の一時間前に締め切ってしまうので今回の件はかなり時間のロスがありました。
次回に向けて反省です。

3月17日午後2時より台東区花川戸から練馬区石神井台まで絵画の即日配送を行いました。

今までも何回かリピートを頂いたお客様の配送でした。前回コンクールに展示するとのことで往路をやらせて頂きました。残念ながら賞には漏れてしまったようで帰りの同乗中も心なしか元気がありませんでした。才能のある方なので、次はきっと大丈夫です。中国での個展もきっと成功するでしょう。

お疲れ様です。頑張ってください。

3月14日午前10時より新宿区神楽坂から西新宿経由で羽田空港まで航空便を緊急配送しました。

都内二ヶ所にて、岡山と帯広空港に送る品物を引き取り、羽田空港の西貨物まで緊急配送を行いました。

一つは岡山に送る実験用のコンプレッサ、もう一つは明日の卒業式に使うのでしょうか、コサージュを帯広空港に送る手配をしました。

羽田空港の西貨物に持ち込むと当日中に日本の遠くまで運送することは可能です。あちらの空港でも赤帽が引き取り、指定場所まで運んでくれます。

これが赤帽のネットワークです。

便利な世の中になりました。

3月13日午後1時より杉並区高円寺南から千葉県浦安市まで彫刻品の緊急配送を行いました。

一日前にお電話を頂きました。その先には重さ110キロほどある木箱に入った彫刻されたアルミ板と聞いており、なんなんだろうか?と思っていましたが、実は500万もする美術品でドイツから空輸されたものだと聞きました。これを知っていたら危なくて受けなかったと思います。お客様から貨物保険に入っているかと訪ねられましたが、配送代が微々たるものですので瑕疵担保はその範囲でしか対応できない旨を話しました。本来ならば高額かけても美術品の運送に頼むべき代物ですが、今回は空輸が遅れてしまい、時間がなくやむを得ず当社に頼んだとの事でした。

無事に浦安の美術専門の倉庫に到着しました。次回はありませんよとお伝えしました。

何分個人事業主ですから目先の売上よりも保身です。

ご容赦くださいませ。